政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

多目的実用衛星7号の本体開発へ 21年打ち上げ=韓国

2017/05/01 20:03入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】軍用機の製作などを手掛ける韓国の防衛産業大手、韓国航空宇宙産業(KAI)が先端技術を取り入れた多目的実用衛星7号の本体を開発する。   KAIは1日、同衛星の本体開発に向け韓国航空宇宙研究院と469億ウォン(約46億円)規模の契約を先月27日に締結したと発表した。  同衛星の開発は未来創造科学部と航空宇宙研究院が主管する。解像度30センチ以下の光学カメラ、赤外線センサー、高機動姿勢制御システムを採用した光学衛星として開発するとの目標を掲げている。打ち上げ時期は2021年の予定。  3100億ウォンの予算が投入され、航空宇宙研究院がシステムと搭載物の開発を、KAIが本体の開発をそれぞれ担当する。本体の開発は今月中に着手する。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.