政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

急死した釜山アイパーク監督の告別式、しめやかに

2017/10/12 14:57入力

<拡大写真>

チョ・ジンホ釜山アイパーク監督(享年44歳)が、し烈な勝負の世界を離れ、天国へと旅立った。

 釜山クラブチームは、故チョ・コンホ監督の告別式が12日、慶南(キョンナム)梁山市(ヤンサンシ)でしめやかに営まれたと明かした。

 チョ・コンホ監督は去る10日、急性心筋梗塞で倒れ、病院に運ばれたが息を引き取った。突然の訃報により、サッカー界は大きな衝撃と悲しみに包まれている。

 なお、プロサッカー連盟と各クラブチームは、今週末に開かれるKリーグクラシック(1部)およびチャレンジ(2部)の試合会場にて、黙とうを捧げる。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.