政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

17年営業益は約5.7兆円 前年比83%増=サムスン電子

2018/01/09 10:02入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が9日に発表した2017年12月期通期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は過去最高の53兆6000億ウォン(約5兆7000億円)を記録し、初めて50兆ウォン台の大台を達成した。売上高も239兆6000億ウォンと過去最高記録を塗り替えた。  営業利益は前年比83.3%、売上高は18.7%、それぞれ増加した。営業利益率も22.4%と過去最高。  10〜12月期(速報値)は、営業利益が前年同期比63.8%増の15兆1000億ウォン、売上高が23.8%増の66兆ウォンだった。ともに四半期ベースで最高の業績となった。前期比では営業利益が3.9%、売上高が6.4%、それぞれ増加した。  営業利益は四半期で初めて15兆ウォンを超えたものの、大手証券会社の予想の平均に比べると8000億ウォンほど少ない。急速なウォン高・ドル安進行が半導体やディスプレーパネル事業にマイナスの影響を及ぼしたほか、好調の半導体部門が10〜12月期に特別賞与を出したことが要因と分析される。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.