政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国セブン、餅活用のデザート2種を発売…餅デザートの人気受け

2018/05/16 14:03入力

<拡大写真>

コンビニエンスストア・セブン−イレブン(韓国)は16日、健康的なデザート「よもぎインジョルミ(きなこ餅)」(1500ウォン/約150円)と「手作りオムレツ緑茶」(2000ウォン/約200円)を発売したと明らかにした。

 韓国セブンイレブンが最近、デザートの売上げを分析した結果、昨年は前年対比135.4%増加し、今年(1月1日〜5月15日)も約3倍(205.7%)増加した。関係者は「コンビニで高い品質のデザートを合理的な価格で楽しむ需要が増えている」と説明した。

 セブンイレブンによると、「いちご餅」「クリーム餅」などの餅を使ったデザートが伝統的な人気デザートだったショートケーキ類をおさえ、上位圏に浮上した。

 今回発売された「よもぎインジョルミ」は韓国産の大福餅を使ってやわらかくコシの強い食感を与える。「手作りオムレツ緑茶」は100%韓国麦を使用。やわらかいパンケーキのパンの上に緑茶クリームと緑茶クランキーをトッピングし、濃い緑茶の香りを感じることができる。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.