政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国政府、南北閣僚級会談延期に対する韓国側の立場盛り込んだ通知文発送

2018/05/16 17:34入力

<拡大写真>

韓国政府は16日に予定されていた南北閣僚級会談を北朝鮮が無期限延期したことに対し、韓国側の立場を盛り込んだ通知文を北朝鮮に発送したと明らかにした。

 韓国統一部は「政府は16日午後、北朝鮮に今回の会談延期に関する韓国側の立場を入れた通知文を発送した」とし、「内容は午前中の統一部報道官の声明に類似している」と伝えた。

 これを前に北朝鮮はこの日午前0時半ごろ、閣僚級会談首席代表の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長名義の通知文を韓国側に送り、米韓空軍の航空戦闘訓練「マックスサンダー(Max Thunder)」を理由に、同会談の無期延期を伝えた。

 これに統一部は声明を通して「4月27日に両首脳が合意した“板門店(パンムンジョム)宣言”の根本精神と趣旨に符合しない」とし、遺憾とする立場を出した。

 報道官はまた、「政府は“板門店宣言”を忠実に履行する確固たる意思を持っており、北側が朝鮮半島の平和と繁栄のために、はやく会談に応じることを促す」とし、「北側が提起している問題を議論するためにも、南北間の対話が持続的に成立しなければ」と強調した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.