政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓米空軍の定例訓練 B52参加の計画なかった=米国防総省

2018/05/17 08:03入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】米国防総省のローガン報道官は16日(現地時間)、韓国で実施中の韓米空軍による定例航空戦闘訓練「マックスサンダー」に関し、「(米軍の)戦略爆撃機B52はマックスサンダーに参加する計画がまったくなかった」と述べた。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、B52を朝鮮半島に展開しないよう韓国が米国に要請したという報道に対しコメントを求めたところ、ローガン氏はこのように答えた。

 マックスサンダーは11日から25日までの予定で実施している韓米空軍の定例訓練。これに対し北朝鮮は16日、米軍のB52とステルス戦闘機F22を含む約100機の戦闘機を動員する訓練と指摘しながら強い拒否感を示し、同日予定されていた南北閣僚級会談を無期延期すると発表した。

 これに関連し、韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は16日、北朝鮮の発表を受けて宋永武(ソン・ヨンム)韓国国防部長官が在韓米軍のブルックス司令官(韓米連合軍司令官兼務)に会い、B52を朝鮮半島に展開できないよう措置を取ったと説明していた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.