政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

北朝鮮メディア、米朝会談を迅速報道=妹の与正氏が現場指揮?

2018/06/13 14:28入力

<拡大写真>

北朝鮮のメディアが13日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長のシンガポール米朝首脳会談の日程を迅速に報道し、注目されている。

 北朝鮮の朝鮮中央通信と労働党機関紙の労働新聞は、会談翌日の13日午前6時〜6時35分に、米朝首脳会談の進行・結果について3400字の記事と共同声明全文を報道した。労働新聞には写真33枚も掲載された。

 通常、北朝鮮メディアは金委員長の外部活動のニュースを日程が全て終わった後に報道する。中朝首脳会談の際は訪問日程をすべて終えた後、会談の事実を知らせた。しかし今回の米朝首脳会談の日程は異なった。

 北朝鮮が異例的に金委員長の日程や行動を迅速に報道することはそれだけ米朝首脳会談の意味が大きく、これを対内外に広報する必要性があるという判断のためとみられる。

 これに加え、金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党中央委員会第1副委員長が金委員長のシンガポール訪問日程に動向、報道を現場で指揮したため、迅速な報道をすることができたという観測もある。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.