政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

<米朝会談>金正恩氏、安倍首相との会談に前向きな姿勢「会ってもよい」

2018/06/14 10:38入力

<拡大写真>

北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が日本の安倍晋三首相との会合の可能性を示唆したとする主張が提起された。

 日本メディアは14日、複数の日本政府関係者の言葉を引用し、金委員長が去る12日シンガポールでおこなわれたドナルド・トランプ米大統領との米朝首脳会談で「安倍首相と会ってもよい」との発言をしたと報道した。

 日本政府関係者は「金委員長のこうした意思は米政府の複数のルートを経て、日本政府に伝えられた」と述べた。

 同関係者によると、トランプ大統領は首脳会談の際、「(北朝鮮が)完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済支援を受けたいならば日本と協議するしかない」としながら、「安倍首相は(北朝鮮と日本の)拉致問題を解決しない限り、(対北)支援には応じない」との趣旨の発言もおこなった。

 これに対して「金委員長も安倍首相との会談に前向きな姿勢を見せた」との話が米政府から伝えられたという説明だ。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.