政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

ロッテグループ名誉会長、保有株式の虚偽申告で罰金1億ウォンを求刑=韓国検察

2018/07/11 15:25入力

<拡大写真>

ロッテグループの海外系列会社の株式関連資料を故意に虚偽提出した容疑で起訴された重光武雄(韓国名:シン・ギョクホ、95)ロッテグループ名誉会長に対し韓国警察は、罰金1億ウォン(約1000万円)を求刑した。

 ソウル中央地裁で11日に開かれた結審公判で検察側は「妻など、ちかい親族らの株式保有内訳が異なっていたことについて、故意ではなかったという重光会長側の主張を受け入れることはできない」とし、このように明かした。

 一方、重光会長側の弁護人は「虚偽記載とする検察の主張は納得できない」とし、「海外の株主社に国内法である公正取引法を適用することができるのか、実質的に何が虚偽にあたるのか、疑問である」と強調した。

 なお、裁判官はこの日すべての弁論を終結し、来月22日午前10時に宣告すると明らかにした。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.