政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

拉致国民の解放に向け政府特使派遣…本日(10日)リビアに出発=韓国

2018/08/10 12:34入力

<拡大写真>

韓国政府は10日、リビアで拉致されている国民の解放に向けた論議のため、ペク・ジュヒョン専任カザフスタン大使を康京和(カン・ギョンファ)外相の特使として現地に派遣する。

 韓国外交部当局者は「特使はリビアの高位人事との業務協議を通して、事件の早期解決に向けて細部事項を話し合う」と明らかにした。ペク特使は2〜3日間、現地に滞在する予定だ。

 韓国政府は現段階で拉致勢力や性格、動機、接触有無については言及できないとの立場だ。ただし、アルカイダなど急進勢力との連係の可能性は低いと分析していると説明した。

 これを前に先月6日(現地時間)、リビア南西部で韓国人1人とフィリピン人3人が武装団体に拉致された。政府は事件発生直後、本部および現地公館(駐リビア大使館)に在外国民保護対策本部と現場対策班を設置し、迅速対応チームを現地に派遣するなど綿密な対応体制を稼動している。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.