政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

<サッカー>ベトナム代表の核心FW、Kリーグ進出か…仁川「交渉中」

2019/02/08 14:25入力

<拡大写真>

Kリーグ・仁川ユナイテッドがベトナム代表の核心FWグエン・コン・フオン(24、ホアン・アイン・ザライ)の獲得に向けて動いている。

 グエン・コン・フオンはパク・ハンソ監督(60、韓国出身)率いるベトナム代表の攻撃手で、韓国ファンからも名の知れた選手だ。

 特に、最近幕を下ろしたアジアカップではイラクとヨルダンを相手に1ゴールずつを決め、ベトナム代表のベスト8進出に貢献。昨年のAFC U-23チャンピオンシップ準優勝のメンバーでもある。

 2016年にはJリーグ2・水戸ホーリーホックで1年間プレーし、日本リーグも経験した。2017年からベトナムのホアン・アイン・ザライに戻り、最近の国際舞台での活躍を土台に、韓国行きに臨んでいる。

 グエン・コン・フオンが仁川と契約を結べば、ルアン・スアン・チュオン(23、ホアン・アイン・ザライ)に続く2人目のベトナム出身Kリーガーとなる。ルアン・スアン・チュオンは2016年から仁川と江原で2シーズン、韓国生活を送った。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.