政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

ベンツの韓国販売 1月はシェア4位に浮上

2019/02/11 11:01入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】昨年に韓国で7万台以上を販売したメルセデス・ベンツが、1月に韓国完成車メーカーを制して国内販売シェア4位に返り咲いた。  自動車業界によると、1月のメルセデス・ベンツコリアの販売台数は5796台で、韓国国内の乗用車販売台数(11万4632台)の5.0%を占めた。シェアは現代自動車、起亜自動車、双竜自動車に次いで9カ月ぶりに4位を回復した。  ベンツは韓国GMの群山工場(全羅北道群山市)の閉鎖が発表された昨年2月に初めて4位に浮上したが、同5月からは再び6位に後退していた。  ベンツの今年1月の国内販売は前年同月比22.8%減少したが、ルノーサムスン自動車と韓国GMの販売も19.2%と35.6%、それぞれ急減し、ベンツの順位が上がった。  ベンツのシェア上昇はEクラスの人気によるところが大きい。Eクラスモデルの1月の販売台数は3392台で、国内乗用車で12番目に多かった。Eクラスは2016年6月にフルチェンジモデルが出て以降、韓国国内で輸入車販売1位をキープしている。  一方、18年の乗用車販売台数はベンツが7万798台でシェア4.5%と、現代、起亜、双竜、ルノーサムスン、韓国GMに次いで6位だった。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.