政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

マレーシア当局、正男氏殺害事件のベトナム人被告「釈放せず」

2019/03/14 15:23入力

<拡大写真>

マレーシア検察は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の義母兄弟である金正男(キム・ジョンナム)氏を殺害した容疑で裁判中のベトナム人女性ドアン・ティ・フオン被告について、釈放しない決定を下した。

 14日、ロイター通信によると、この日再開された裁判で、検察側はドアン・ティ・フオン被告の釈放を求めるベトナム政府の要請を拒否し、裁判を続けると明かした。

 ドアン・ティ・フオン被告はインドネシア人女性のシティ・アイシャ被告と共に去る2017年3月、マレーシア・クアラルンプール国際空港で北朝鮮工作員の指示に従い、正男氏の顔に神経剤「VX」をぬり、殺害した容疑を受けている。

 2人は犯行後、マレーシア当局に拘束され、2年ちかく裁判を受けてきた。マレーシア検察は去る11日、2人のうちシティ・アイシャ被告についてのみ起訴を取り下げ、釈放した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.