政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国経済団体が「B20東京サミット」に代表団 自民・二階氏とも面談

2019/03/14 21:00入力

<拡大写真>

【ソウル、東京聯合ニュース】韓日関係の冷え込みが著しいなか、韓国経済団体の全国経済人連合会(全経連)会長を団長とする代表団が日本を訪問した。  全経連は14日、日本の経団連が同日から15日まで開催し、主要20カ国・地域(G20)の経済団体トップらが参加する会議「B20東京サミット」に許昌秀(ホ・チャンス)全経連会長を団長とする代表団8人を派遣したことを明らかにした。  代表団にはロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長、通信大手KTの黄昌圭(ファン・チャンギュ)会長ら韓国財界のトップが加わっている。  代表団はこの日、経団連の中西宏明会長(B20議長)と会談し、両団体の定期会合「韓日財界会議」を11月14〜15日に開催することを決めた。この会議は今年で28回を迎える。  全経連によると、許氏は日本側の代表団に「近ごろ韓日関係が悪化しているが、民間レベルの協力は続けていきたい」と呼び掛けたという。  許氏は記者団に対し、両国関係の見通しについて、「(それは)政治問題であるため、(両国の経済交流に)特別な影響を及ぼさないと考える」と話した。  許氏はこれに先立ち、親交がある自民党の二階俊博幹事長と面談し、「両国関係が難しい時期に入るたびに二階幹事長が関係改善の潤滑油の役割を果たしたように、今回の危機でも大きい役割を担ってほしい」と要請した。  両国関係の悪化が影響し、両国企業のトップらが意見交換する「韓日経済人会議」の開催は当初予定の5月から9月以降に延期されている。中西氏は延期発表翌日の今月11日の記者会見で「こういう時だからこそ民間ベースの交流から逃げ出してはいけない」と述べた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.