政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

正恩氏、「最高代表者」呼称追加へ

2019/04/15 10:30入力

<拡大写真>

北朝鮮が最高人民会議第14期1次会議で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を再推戴し、「最高代表者」という呼称を追加。現法改正の可能性などその背景に関心が集まっている。

 労働党機関紙「労働新聞」は14日、前日(13日)平壌(ピョンヤン)金日成広場で開かれた「中央群衆大会」について報じながら、金委員長について「朝鮮人民の最高代表者」と呼称した。

 また、労働新聞は「偉大な金正恩同志は、全体朝鮮人民の最高代表者であり、共和国の最高指導者である朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長として高く推戴された」と報道した。

 なお、北朝鮮はこれまで「金正恩同志」や「最高指導者」など、正恩氏に対して修飾語を表現していたが、今回の最高人民会議を経て新たに「最高代表者」との呼称を追加したことになる。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.