政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国ロッテ百貨店「ヤングプラザ」、“K-POPの聖地に”=文化空間をオープンへ

2019/05/15 17:42入力

<拡大写真>

ロッテ百貨店の韓国ソウル・明洞(ミョンドン)「ヤングプラザ」が“K-POPの聖地”に生まれ変わる。アイドルグループ「NU’EST」を皮切りに、人気芸能人とファンの疎通空間が設けられる。

 人気スターのインタビューはもちろん、これまで公開されていなかった非公開映像から限定版グッズ、実際に使用したアイテムまで披露する予定だ。

 ロッテ百貨店はCJ ENMをはじめ、ミュージックアートやREBEL9とタッグを組んで、来る17日、「ヤングプラザ」地下1階に新しいエンターテインメントプラットフォーム「Palette」をお披露目すると15日、伝えた。

 「Palette」はグッズ販売だけでなく、アーティストの日常・音楽・考えなどをファンに伝える空間だ。

 小規模展示をはじめ、ポップアップストアやライブ・インタビューなど体験型イベントはもちろん、アーティスト別に循環する商品販売までオフラインエンターテイメント新経験プラットフォームを構築する。

 2週間〜1か月ごとに国内トップクラスのアーティストを対象にした様々な形態のコンテンツを順次披露する予定だ。未公開分を含めた多様なメディアやイメージ、オブジェなどのコンテンツが代表的だ。

 ロッテショッピングは「Palette」がアーティストとファンが五感を通じて、直接・間接的に疎通できる新しいプラットフォームになるだろうと期待した。


会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.