政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国首相、日本の安保問題取り上げ「韓米日安保体制を揺るがす非常に危険な発言」

2019/07/11 16:20入力

<拡大写真>

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は11日、日本の安倍首相に向けて「日本の嫌韓感情と、それに応じた韓国での反日、対応と対抗が悪循環することは不幸なこと」と述べた。

 李首相は同日午後、国会で開かれた対政府質疑で「韓日両国が感情的な対応を自制し、関係を回復できるよう先頭に立ってほしい」とする「正しい未来党」のハ・テギョン議員の訴えに「状況が悪化の一途をたどらないよう、日本の指導者たちと韓国政府が知恵を集めなければならない」と述べた。

 李首相は「日本政府の意図は分からないが、根拠もなく安保問題まで関連付けて、経済報復を正当化しようとするのは、韓国が維持した韓米日安保体制を揺るがす非常に危険な発言」と批判。

 また「最近の報道を見ると、日本側が根拠とした資料が国内の不確実な報道または政界の類推によるものだというが、実に嘆かわしい」と述べた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.