政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

「新たな兵器体系」開発 国防科学者100人超を昇格=北朝鮮

2019/08/13 10:04入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮メディアは13日、「新たな兵器体系」の研究開発に当たる軍需分野の科学者103人に対し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が昇格を命じたと報じた。

 朝鮮中央通信は、金委員長が「新たな兵器体系を研究・開発することで国の自衛的な国防力強化に画期的な転換点をもたらし、党の戦略的構想と意図を輝かしく実践している国防科学研究部門の科学者たちの功労を高く評価し、103人の科学者の軍事称号を1等級上げる命令を下達した」と伝えた。

 北朝鮮は近ごろ、韓米合同軍事演習を口実に米朝の非核化交渉再開を先送りし、同時に新たな兵器体系の開発に拍車をかけている。今年5月上旬以降、新型短距離弾道ミサイル「KN23」、新型ロケット砲、新型戦術地対地弾道ミサイルなどと推定される飛翔体を相次いで試射した。

 北朝鮮の報道によると、金委員長は今月6日に西部作戦飛行場で行われた「新型戦術誘導弾の威力示威発射」に立ち会った後、党副委員長や国防科学部門の幹部、科学者、軍需工場の労働者らと記念撮影を行った。



会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.