政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

ワールドテコンドーグランプリが日本初開催 13日に千葉で開幕

2019/09/11 12:03入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国主導の世界テコンドー連盟(WT)は13日から3日間、千葉市・千葉ポートアリーナで「千葉2019ワールドテコンドーグランプリ」を開催する。    2013年に始まったワールドテコンドーグランプリが日本で開催されるのは今回が初めて。  来年7月25日から4日間、千葉・幕張メッセで行われる2020年東京五輪のテコンドー競技を10カ月後に控えて開かれる今回の大会は、五輪の前哨戦と位置づけられる。  ワールドテコンドーグランプリは五輪と同様、男女各4階級が行われる。  今大会には7月に発表された世界テコンドー連盟の五輪ランキングを基準に、階級ごとに最大32人の選手が招待される。  階級別に各国最大2人、主催国の日本は3人の選手が出場でき、各階級で優勝した選手には賞金5000ドル(約54万円)が贈られる。  韓国からは男女5人ずつ、計10人の選手が出場する。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.