政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

<女子スピードスケート>イ・サンファ、1000m優勝…“失格”からW杯出場権獲得

2015/10/30 14:36入力

<拡大写真>

韓国女子スピードスケートのイ・サンファ(26 / ソウル一般)が前日の500m失格を乗り越え、1000mで優勝し、同種目におけるワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した。

 イ・サンファは、28日にソウル・泰陵(テルン)国際スケート場にて行われたISU(国際スケート競技連盟)W杯代表選抜戦を兼ねた第50回全国男女種目別スピードスケート選手権大会女子1000mで、1分18秒54のタイムで頂点に立った。イ・サンファの記録は昨年同大会で出した1分19秒18を上回る記録だ。

 イ・サンファは28日の500mで失格となっていた。200m地点でインコースを表す右腕の白いバンドを左手ではずしてリンク場に投げたことが災いとなった。競技委員会はレース後、イ・サンファの行動がISU規定に反すると指摘し、失格判定を下したのだ。

 しかし、大韓スケート競技連盟は「今大会からワールドカップでメダルを取ることができる選手を保護する規定を作り、指導者と選手に公示した。競技委員会がイ・サンファを推薦選手に上げるかどうかを議論した後、常任理事会で検討する予定」と明かし、W杯での500m出場の可能性を示した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.