政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

ソウル新羅ホテル、夏季限定で「甘谷桃」を使った夏のスイーツ発売

2017/08/15 11:17入力

<拡大写真>

ソウル新羅ホテルでは夏の代表的な果物の一つである桃を使った魅力的な夏のスイーツを販売している。

 ホテルで使用する桃は2015年の大韓民国代表果物選抜大会・桃部門で最優秀賞を受賞した「甘谷ミダン農園の桃」。ホテルでは「甘谷桃」を今夏の旬の食材として選び、産地から直接仕入れている。忠清北道陰城郡甘谷面の「ミダン農園」はGAP(農産物優秀管理認証)を受けており、高い糖度や果汁の多さ、柔らかい果肉で有名だ。この農園では品質向上のために、適度な摘果を行い高い糖度を維持している。「甘谷桃」を使用した夏のスイーツは8月いっぱいまで販売。

 新羅ホテルベーカリーのペストリーブティックでは「桃・紅茶ケーキ」と「桃ゼリー」を準備している。「桃・紅茶ケーキ」は桃とアールグレイがほどよく調和したケーキ。桃の甘さと生クリームの組み合わせがしっくりして、しっとりとやわらかな味が逸品だ。涼感が楽しめる「桃ゼリー」は桃の果汁と果肉が豊かなスイーツで、果物の甘さをしっかりと感じられる。

 フレンチレストランのコンチネンタルで用意したのは「桃・コンソメ、コンポート、ゼリーシャーベット」。よく熟れた桃に、さっぱりしたレモンジュースを加え、スーヴィードでつくった桃コンポートと、桃の皮や果肉を蒸して深い味を出したゼリー、冷たい桃のシャーベットを一緒に添えた、多様な食感と豊富な桃の香りが楽しめるスイーツである。

 ソウル新羅ホテルは国内でとれた優れた旬の食材を広めるために、毎月優れた旬の食材を選定し、その食材を活用したプロモーションを行っている。3月には「莞島産の天然真鯛」、4月には「平昌のタラの芽」を選定した。毎月の食材はフード企画者、購買チーム、シェフなど各分野の専門家が直接産地を訪問、食材の品質を確認し、生産者とのミーティングを経て選んでいる。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.