政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国統一部「平昌五輪の北朝鮮参加に努力…韓米軍事演習の中止は検討していない」

2017/10/26 16:50入力

<拡大写真>

韓国政府は26日、北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の参加を向けて多角的に努力するが、このために韓米合同軍事演習の時期を調整するなどの案は検討しないと明らかにした。

 統一部のチョ・ミョンギュン長官は24日に開かれた記者たちとの懇談会で「まだ具体的に北朝鮮の平昌冬季五輪の参加を予想できる信号は出ていない」と述べながらも、「ただし、国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)共に積極的に北朝鮮の参加に向けて協力しており、参加が実現できるよう、多角的に努力する」と話した。

 政府当局者は「北朝鮮が参加意思を示すなら、ゲストの形であれ、北朝鮮が望むほうで、南側の選手団が被害にあわない方法で、IOCで検討するという態度を示している」とし「南北体育会談も、具体的に検討してはいないが、必要ならばおこなうことができる」と話した。 現在、北朝鮮が自力で出場権を得た種目はフィギュアスケートのペア1つだ。

 ただし、政府は、平昌五輪と重なる韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」の時期調整を検討していないという。 当局者は「北朝鮮が直ちに今日の夜でも挑発してもおかしくない局面であるため、それに備えた韓米合同軍事演習(調整)については検討していない」と話した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.