政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

交通事故で死去した朴智星の母親、年末旅行で息子夫婦・孫が住むロンドンを訪問した矢先…

2018/01/12 17:08入力

<拡大写真>

元サッカー韓国代表の朴智星(パク・チソン、36)の母親チャン・ミョンジャさんがイギリス・ロンドンで交通事故に遭い、死去したことが伝えられた。

 大韓サッカー協会は12日、「朴智星さんの母親、チャン・ミョンジャさんがきょう午前、ロンドンで死去した」とし、「チャンさんは昨年末、ロンドンを訪問中に交通事故に遭い、病院で治療を受けていたが息を引き取った」と明かした。

 また「葬儀手続きなど詳細は、まだ決定していない」と伝えた。

 日本のJリーグでもサポーターに愛され、韓国では”スーパスター”として韓国代表として活躍した朴智星は、2014年に現役を引退。その後、前所属チームのマンチェスター・ユナイテッドアンバサダー(広報大使)をはじめ、JSファンデーション理事長として活動し、昨年11月には大韓サッカー協会ユース戦略本部長に就任した。

 現在、ロンドンに暮らす朴智星は昨年12月、韓国に一時帰国。業務を終えて、再びロンドンに戻っていた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.