政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

米国 北朝鮮との対話意思表明=文大統領

2018/02/13 16:00入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、青瓦台(大統領府)で開催されたラトビアのベーヨニス大統領との首脳会談で、北朝鮮が南北首脳会談を提案したことについて、「米国も北との対話意思を表明した」と明らかにした。青瓦台の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が伝えた。  文大統領は「北米(米朝)対話が続けられるよう、ラトビアにも継続的な支援を要請したい」と呼びかけた。  ベーヨニス大統領は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏が特使として訪韓したことに言及し、「極めて重要で、北朝鮮が全世界にメッセージを送ったものと評価する」と述べた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.