政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国で人気急上昇中のハーフモデル、人種差別を告白 「ただ平凡でいたかった」

2018/03/02 10:55入力

<拡大写真>

韓国で人気急上昇中のハーフモデル=ハン・ヒョンミン(16)がJTBC「異邦人」に出演し、韓国で直面した人種差別について赤裸々に語った。

 来る3日放送のJTBC「異邦人」に出演のハン・ヒョンミンは、韓国人の容姿とは少し異なる見た目から、差別を受けた経験を告白。特に、韓国人として生まれ育ったハン・ヒョンミンは、肌の色を理由に向けられる視線につらい思いをしたと明かした。

 ハン・ヒョンミンは「幼いころ、僕は”突然変異”だと思っていた」とし、「穴に隠れたいと思うくらい、ただ平凡に暮らしたかった」と心に傷を負った過去を回想し、慎重に言葉を選んだ。

 しかし、つらい過去の話を切り出した後、ハン・ヒョンミンは現役高校生らしいはつらつとした姿で”ムードメーカー”に成長した姿をみせた。

 ハン・ヒョンミンは学校で最も低い成績「Eランク」で埋め尽くされた成績表を公表し「普段、僕は勉強とは距離がある。全校生徒172人のうち、170位」と苦笑いした。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.