政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

南北合同チーム 日本に敗れ銅メダル=世界卓球女子

2018/05/04 21:00入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】卓球の世界選手権団体戦第6日は4日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、女子の準決勝で韓国と北朝鮮による南北合同チーム「コリア」が日本に0―3で敗れ、決勝進出を逃した。  コリアは韓国のチョン・ジヒ、ヤン・ハウン、北朝鮮のキム・ソンイが出場した。  卓球で南北が合同チームを結成したのは、1991年に千葉で開催された世界選手権以来27年ぶり。当時合同チームは女子団体決勝で中国を下し優勝した。今大会で「千葉の奇跡」の再現はならなかったものの、民族の団結を世界に見せた。  今大会は3位決定戦がなく、コリアは銅メダルを獲得した。韓国が世界選手権団体戦で銅メダルを獲得したのは2012年のドイツ・ドルトムント大会以来、6年ぶり。北朝鮮は16年のマレーシア・クアラルンプール大会での銅メダルに続き、世界選手権団体戦で2大会連続のメダル獲得となった。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.