政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

正恩氏 非核化への確固たる意志表明=文大統領

2018/05/27 10:04入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と軍事境界線がある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で26日に開いた会談について、「金委員長は朝鮮半島の非核化への確固たる意志をあらためて明確に示した」と述べた。  また、「韓米首脳会談でトランプ大統領は北が非核化する場合、敵対関係を確実に終息させるだけでなく、経済的な繁栄まで支援する意志を表明した」とした上で、「こうした意志を(金委員長に)伝え、直接的な意思疎通で相手の意志を確認するよう促した」と強調した。  朝米(米朝)首脳会談については「会談の準備に向けた実務交渉が始まると承知している」とし、「6月12日の朝米首脳会談が成功裏に開催されるかどうかは議題に関する交渉を含む実務交渉がいかに順調に行われるかにかかっていると思う」と説明。「朝米は相手が何を望んでいるかを明確に認識している中で会談開催を推進している」とし、実務交渉と本会談の成功に期待を示した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.