政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

アジア消費者のブランド評価 サムスン電子が7年連続1位

2018/06/06 10:03入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が、アジア主要国の消費者によるブランド評価で7年連続1位を獲得した。

 香港に本社を置くコミュニケーション・マーケティング企業のキャンペーン・アジアパシフィックと調査会社のニールセンが共同で調査し、6日までに発表した2018年版「アジアのトップ1000ブランド」リストで、サムスン電子は首位に立った。

 調査レポートは「(スマートフォンの)『ギャラクシーノート7』の発火事故や経営陣のスキャンダルなども、サムスン電子の大衆的人気を落とすことはできなかった」とし、製品競争力に加え社会的「善」を追求するブランド戦略が奏功したと評価した。

 今年で14年目となるこの調査で、サムスン電子は1年目の2004年は17位にとどまったが、着実に順位を上げ、09年から3年連続で2位、12年からは首位をキープしている。

 今回の調査では、スマートフォン業界でサムスン電子と競合する米アップルが2位、日本のパナソニックが3位などとなった。韓国のブランドではサムスン電子のほかLG電子が6位、ロッテが35位に入った。

 調査は3月から4月にかけ、韓国、オーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムの14カ国・地域の消費者を対象に、15業種で最も信頼するブランドを尋ねる形で行われた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.