政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

今年の経済成長率見通し2.9% 韓国中銀が下方修正

2018/07/12 14:01入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は12日、定例の金融通貨委員会後の記者懇談会で、韓国の今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを今年4月発表の3.0%から2.9%に引き下げたと発表した。  韓銀は昨年10月、今年の成長率見通しを2.9%と提示。今年1月に0.1ポイント引き上げ、4月も3.0%で据え置いていた。  今回発表された予測は韓国政府や国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)より低く、民間シンクタンクの現代経済研究院(2.8%)、LG経済研究院(2.8%)よりは高い。  韓銀が今年の成長率見通しを2%台に引き下げたのは、米国と中国の貿易摩擦による影響を考慮したためとみられる。  米国と中国はたがいに、6日に輸入品340億ドル(約3兆8000億円)分に25%の高関税を課した。  また、米国は10日にも中国からの輸入額の半分に上る2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を課す方針を明らかにし、中国も対抗措置を公表した。  これに加え韓国は雇用も低迷を続けており、統計庁によると6月の就業者は前年同月比10万6000人増にとどまるなど、5カ月連続で20万人を割り込んだ。  上半期の就業者増加数は14万2000人で、リーマン・ショックの余波が残る2009年下半期(2万7000人減)以来の低水準となった。  韓銀の予測通りなら、韓国経済が2年連続で3%台の成長を達成できなくなる。  韓国の昨年の成長率は3.1%で、3年ぶりに3%台を回復した。  韓銀はこの日の議決文で「国内経済は設備や建設投資の調整が続いているが、消費と輸出が好調な流れを見せ、堅実な成長傾向を続けると判断される」とし、「4月の予測を多少下回るだろう」と発表した。  一方、韓銀は今年の消費者物価上昇率の見通しを1.6%で据え置いた。  物価上昇率の見通しは昨年7月の1.9%から10月には1.8%、今年1月には1.7%に引き下げられたのに続き、4月には1.6%と3回連続で引き下げられたが、今回は横ばいとなった。  統計庁によると、消費者物価上昇率は今年1〜3月に1.5%前後で推移したが、4〜6月は1.5%以上に拡大した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.