政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

サッカー韓国代表 外国人監督を望む意見優勢=世論調査

2018/07/20 17:00入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】調査会社の韓国ギャラップは20日、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会について調査した結果、今後韓国代表チームを率いる監督は「外国人が良い」と答えた人は40%で、「韓国人が良い」と答えた人(36%)を上回ったと明らかにした。  外国人監督を望む人は、女性(35%)より男性(44%)が多かった。  年齢別では20〜30代の50%が外国人監督を好み、60代以上では52%が韓国人監督を好んだ。  今回のW杯で最も印象的だった選手はGK趙賢祐(チョ・ヒョンウ、大邱)が47%で最も多く、FW孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)が42%、フランス代表のFWエムバペが15%などと続いた。  韓国代表は決勝トーナメント(ベスト16)進出がかなわなかったが、強豪ドイツとの最終戦に勝利したこともあり58%が「W杯のおかげで幸せだった」と答え、同様にベスト16進出を逃した2014年ブラジル大会の23%を大きく上回った。  調査は17〜19日、全国の成人男女1002人を対象に行われた。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.