政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国の18年成長率見通し 中銀が2.7%に下方修正

2018/10/18 12:00入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は18日、韓国の2018年の実質国内総生産(GDP)増加率を2.7%と予測した。1月と4月時点の見通しはそれぞれ3.0%だったが、7月に2.9%に下方修正し、今回さらに0.2ポイント引き下げた。  韓国銀行はこの日、定例の金融通貨委員会で政策金利を年1.50%で据え置いた後、李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が記者会見で成長率見通しの引き下げを発表した。  2.7%という成長率は、政府(2.9%)、政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI、2.9%)、国際通貨基金(IMF、2.8%)の各見通しより低い。経済協力開発機構(OECD)の見通しとは同じ。  韓国銀行の予測通りなら、今年の成長率は2012年(2.3%)以来の低水準となる。  また、同行は19年の成長率を2.7%と見込んだ。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.