政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

駐スペイン北朝鮮大使館襲撃の北反体制団体、FBIに情報提供と報道

2019/03/22 10:18入力

<拡大写真>

先月、駐スペイン北朝鮮大使館を襲撃したグループは北朝鮮の体制に反対する団体「自由朝鮮」であり、彼らが米国連邦捜査局(FBI)へ確保した関連情報を伝達したことがわかった。ワシントンポスト(WP)が21日(現地時間)、明らかにした。

 事件を捜査していたスペイン当局は先週、覆面をつけた10人の犯人グループが偽の銃をもち大使館に侵入。職員らを脅迫した後、大使館内にあったコンピューターや文書などを盗み、大使館の車両で逃走したと明らかにした。

 WPは、消息筋を引用し「自由朝鮮」が大使館から盗んだコンピューターに保存してあった情報と文書をFBIに提供したと伝えた。

 これを前に、スペインメディアは米中央情報局(CIA)が今回の襲撃に関与している報じていたが、消息筋は「CIAの関与はない」と明かしている。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.