政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国大統領府「決定を尊重」 前環境相の逮捕状請求棄却

2019/03/26 11:04入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は26日、環境部が所管する機関の役員人事に不当に介入した疑いが持たれている金恩京(キム・ウンギョン)前同部長官に対する検察の逮捕状請求を裁判所が棄却したことについて、記者団に送ったメッセージで「裁判官の決定を尊重する」との立場を示した。

 

 また「今回の検察捜査を機に、青瓦台は運営中の公共機関のトップと役員に対する任命手続きをより透明に行う方法を考えていきたい」と伝えた。

 検察は、文在寅(ムン・ジェイン)政権の初代環境部長官を務めた金前長官が朴槿恵(パク・クネ)前政権で任命された機関の役員のうち、辞表の提出を拒否している役員に対する監査を指示するなどして退任の圧力をかけたほか、後任に政府寄りの関係者を任命しようとしたとみて、職権乱用の容疑でなどで逮捕状を請求していた。

 ソウル東部地裁は26日、「嫌疑に争いの余地がある」「証拠隠滅や逃走の恐れに関する証明が足りない」などとして、逮捕状請求を棄却した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.