政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

韓国の7月ICT輸出 前年比21.8%減=9カ月連続マイナス

2019/08/21 11:03入力

<拡大写真>

【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は21日、7月の情報通信技術(ICT)輸出額は145億1000万ドル(約1兆5430億円)で前年同月比21.8%減少したと発表した。マイナスは9カ月連続。主力輸出品目の半導体とディスプレー、携帯電話が振るわなかった。  ICT輸出額は昨年11月に1.7%のマイナスに転じ、12月(10.1%減)以降は2桁減が続く。  7月の品目別の輸出額をみると、半導体は75億7000万ドルで前年同月比27.7%減少した。半導体メモリーの単価下落やシステムLSI(大規模集積回路)の需要鈍化による不振が続いている。  ディスプレーは21.8%減の19億7000万ドル。液晶パネル価格の下落と中高価格帯の有機ELパネルの需要減少などが響いた。携帯電話は世界市場の成長鈍化や海外生産の拡大により34.8%減の8億8000万ドルにとどまった。  7月の国・地域別の輸出額は、香港を含む中国向けが30.7%減の70億4000万ドル、米国向けが23.4%減の13億ドル。欧州連合(EU)向けは11.7%減の8億4000万ドル、日本向けも14.3%減の3億3000万ドルとなった。一方、ベトナム向けは7.1%増の24億1000万ドルと、4カ月連続のプラス。  7月のICT輸入額は97億4000万ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は47億7000万ドルの黒字だった。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.