政治 経済 社会/文化 IT/科学 スポーツ 芸能 北朝鮮

米軍の遺骨発掘、米朝が再開に向けた会談開催に合意

2011/08/19 14:55入力

【ソウル聯合ニュース】朝鮮戦争中に北朝鮮地域で行方不明になった米軍兵の遺骨発掘作業の再開に向けた米朝当局間会談が開かれる見通しだ。
 朝鮮中央通信によると、北朝鮮の外務省報道官は19日、朝鮮中央通信記者の質問に答える形で、「米国側は先ごろ、米軍遺骨発掘に向けた会談を提案する公式書簡を送ってきた。人道主義的立場から同提案を前向きに受け入れた」と明らかにした。現在、米朝軍部間で会談と関連した事業が進められているという。
 米国は1996年から10年間、北朝鮮で33回の発掘事業を行い、220体の遺骨を発掘した。しかし、2005年以降は発掘人員の安全が保障されないことを理由に作業を中断した。

会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー
Copyright(C) AISE Inc.